在籍確認無しの消費者金融はない!在籍確認は怖くない

カードローンを調べたとき、どの消費者金融も「在籍確認」の過程が記載されていませんでしたか?これは勤務先に連絡をし、本当にあなたが働いているのかを調べる審査です。

しかし「カードローンをしたいけれど、勤務先にバレたくない」「営業でほとんど外に出てしまって電話に出られない」など都合が悪い場合もあるでしょう。

在籍確認をしないところはあるのでしょうか?もしくは、在籍確認を電話ではなく違う方法でできるならば安心してカードローンを利用できますよね。

今回は、消費者金融の在籍確認について徹底的にご紹介します!

在籍確認なしの消費者金融はない

残念ながら、在籍確認なしの消費者金融はありません。仮に存在するならば、それは闇金の可能性が高いです。絶対に借りてはいけません。

電話による在籍確認を回避する方法もあります。こちらは後ほどご説明いたします!

消費者金融が在籍確認をしている理由

なぜ、在籍確認をしているのでしょうか?消費者金融側も電話を使ってだなんてメンドくさそうに思えますよね。
しかし、書類だけでは「返済能力」を確実に判断できないのです。50万円以下の借り入れならば収入証明書が不要なので自己申告のみ。嘘の年収や架空の会社を記入することもできてしまうので、審査担当が実際に電話で確認をするのが早く正確な手段となっているのです。

では、実際に法人化されている会社だけれども、在籍確認のためだけの会社(=アリバイ会社)を利用することはできるのでしょうか?
アリバイ会社とは、アリバイ会社の商品として出している会社(ペーパーカンパニー)で実際に働いているように見せる偽装のサービス会社のこと。
そのペーパーカンパニーは法人登記されており、収入証明書や在籍確認の電話対応をしてくれるので、正直なところ審査担当者でも見抜くのは難しいです。

しかしアリバイ会社を使って在籍確認をすることは「詐欺罪」にあたり、立派な犯罪です。バレてしまった場合、強制的に解約され返済も一括で求められてしまいますし、前科持ちになってしまいますね。

さらにアリバイ会社は利用料もかかるので、あなたにいいことは一つもありません。絶対に利用しないようにしましょう。

在籍確認の電話で消費者金融とバレることはない

審査担当者は絶対に消費者金融会社名を出さずに、審査担当者の苗字を使ってかけてきてくれます。これは貸金業法に当てはまり、第三者に借り入れを知らすことは禁止されています。もちろん、本人が不在の場合も用件を告げることもしません。

大手カードローンの「プロミス」「アイフル」「アコム」は非通知でかけてくれますが、念のため、審査時にお願いをしておきましょう。

在籍確認の流れ

在籍確認はとても簡単ですぐに終わります。

電話の内容

本人がその会社に勤めているかどうかを確認します。

× 『私、カードローン会社の鈴木と申しますが、佐藤さんいらっしゃいますか?」』
◯『私、鈴木と申しますが、佐藤さんいらっしゃいますか?』

このように、審査担当者は苗字を名乗ります。自分が出る電話でも同じです。
このあとスムーズにいけばいいのですが、ここで1つ注意しておきたいことは、

「佐藤はおりますが…会社名を教えていただけますか?」

と、あなたの会社の人聞き返すパターンが考えられますよね。
基本的に、カードローン会社は架空の会社名や実際にある会社名を名乗ることはできません。こちらも詐欺にあたりますからね。

そうならないためにも、あなたが絶対に電話に出れる時間帯に設定しておくことや、事前に周りへ報告しておく必要があります。

個人自営業主など、携帯を連絡先にしている方も同じ問いかけで連絡がきます。
支払いが厳しいために携帯料金を止めている方も多く、この時点で支払い能力が低いと見なされ審査に落ちてしまいます。仕事でつかう電話はきちんと開通しておきましょう。

ちなみに、携帯電話だと固定電話よりも審査が厳しくなりますが、所得証明がしっかりとされていれば携帯電話でも審査は通ります。
固定電話がある場合は、そちらの方が審査に有利になりますので両方記入しておきましょう。

申込者本人が職場にいる場合

本人がいる場合は、電話を変わることで在籍確認が完了します。

『佐藤様でしょうか?』
「そうです」
『こちらで在籍確認完了となります。ありがとうございました』

やりとりとしてはこのくらいなので数秒で終わります。しかし、会社にかかってくる電話が短いと周りから怪しまれてしまうかもしれません。
その場合、審査担当者と事前に打ち合わせをして、商談をしているように数分対応してもらうようにしましょう。

申込者本人が職場にいない場合

在籍確認は本人がいなくても「在籍している」ということが分かれば完了です。

『私、鈴木と申しますが、佐藤さんいらっしゃいますか?』
「佐藤は席を外しております」
『かしこまりました。では携帯にかけてみます』

このように会社にあなたがいるということが分かれば問題がなく、これで完了です。
携帯や会社に再度電話はかかってきませんし、あなたも折り返し連絡をする必要はありません。

また会社によっては、ストーカー対策によりあなたが出欠しているかどうかさえも答えられない場合があります。
そのような場合は事前に「鈴木さんから連絡がある」のような報告をしておきましょう。

会社が休業中の場合、在籍確認はどうなる?

会社の定休日に融資を受けたい場合もあるでしょう。その場合の在籍確認はどうなるのでしょうか?

在籍確認は日時を指定することができるので、後日連絡をしてもらいましょう。しかし即日融資を受けたい場合は以下2つの方法があります。

・休業中の会社に行って自分で電話をとる
・審査担当に相談する

休業日でも会社入れるのならば問題なく在籍確認を完了させることができます。しかし、会社に入ることもできず即日融資したい場合は相談しましょう。

在籍確認の電話をなしにする方法がある!

電話で在籍確認をされては困るという方は、まずは「SMBCモビット」を検討してみましょう。

SMBCモビットの「WEB完結」は唯一、電話での在籍確認がない大手カードローンです。

審査に必要なものは2つ
・社会保険証もしくは組合保険証を持っている方
・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行のいずれかを持っている方

これらを所持していれば、勤務先や自宅へ電話がかかることなく融資を受けることが可能です。

「上記の保険証がない」「上記の銀行口座がどれもない」という方もご安心を。雇用形態や収入が関わってくるので必ずとは言い切れませんが、電話による在籍確認を回避することが可能です。

他の消費者金融会社では原則的に電話での在籍確認ですが、場合によっては相談次第で書類での提出で在籍確認を完了させるところもあります。

今回、記事中に出てきた会社だと「アコム」や「アイフル」は相談を受けてもらえます。しかし「プロミス」は書類での確認を行っていませんので、電話での在籍確認なしでは借り入れができません。

在籍証明書類の提出が必須

では、アコムやアイフルなど、書類での在籍確認が可能なところにはどのような書類を出したら良いのでしょうか?

「在籍している」ということが証明されたら良いので

・社会保険証(会社名が入っていること)
・給与証明書(直近のもの)
・源泉徴収票(直近のもの)
・雇用契約書

このいずれかが必要になります。
利用する消費者金融によって異なりますので、できるだけ書類を揃えておくと審査もスムーズになりますよ。

一般的な在籍証明書類

上記でご紹介したものはカードローンに可能な在籍証明書類です。
一般的に言われる在籍証明書類は「在籍証明書」(雇用証明書や就労証明書)にあたります。
この在籍証明書は審査時にも利用可能ですが、会社に発行してもらう際に理由を聞かれてしまう恐れや時間がかかる場合もありますのでご注意を!

即日融資を受けたいなら在籍確認を考慮して午前中に申し込む

審査は21時や22時と遅くまで受付をしていても、融資できる時間帯は異なります。

今回ご紹介した「SMBCモビット」「プロミス」「アコム」「アイフル」を例にあげてご説明します。

即日銀行振込の終了時間
その他即日振込方法
SMBCモビット(WEB完結)
平日14時50分まで
セブン銀行ATMならば24時間対応
※審査は21時まで
プロミス
平日14時まで
・三井住友銀行かジャパネットならば24時間対応
・自動契約機も22時まで

※両方とも審査は21時まで
アコム
・振込実施時間拡大している銀行:平日17時29分まで

・その他:平日14時29分まで
・楽天銀行ならば24時間対応
・自動契約機ならば22時まで

※両方とも審査は21時まで
アイフル
平日14時10分まで
自動契約機ならば22時まで
※審査は21時まで

※上記は主な時間帯で、利用する銀行によって変動する場合があります

銀行はだいたい15時に閉まりますよね。そのため、即日振込をしたいならば、記載した時間までに「完了」しておく必要があります。

手続きにかかる時間や混み具合を考え、余裕をもって「午前中」までに完了しておくことをオススメします。

また、銀行振込の時間が過ぎてしまった場合は、自動契約機や24時間対応の銀行を利用しましょう。これらの場合でも審査時間までに手続きを完了している必要があるので注意してください。
遅くとも19時には申し込みを開始しましょう。

まとめ:「在籍確認なし」の貸金業者には要注意!

今回は「在籍確認なしの消費者金融はない」についてご説明しました。

在籍確認は電話や書類で必ず行われることが分かりましたね。
今回、ご紹介していない消費者金融も会社の規模に関わらず必ずあります。もしないのであれば、闇金の可能性が高いです。
闇金は、貸金業者として登録されていない違法業者です。金融庁が出している「登録貸金業者検索サービス(https://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/)」で調べることができます。ご紹介したもの以外に利用したい消費者金融がある場合は一度検索してみましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました